実施日

2016年12月21日

場所

一般財団法人瀬戸内市振興公社

詳細

瀬戸内市には

「人と自然が織りなす しあわせ実感都市 瀬戸内」を目指して

というキャッチコピーが市のHPのTOPに掲載されています。

ただ、実際のところ市民の皆さん(といっても10名程度ですが)に聴いても、「聞いたこと無い」「はじめて聞いた」という言葉ばかり出ました。

そこで、

  • しあわせを実感しよう!
  • しあわせを見つけよう!
  • しあわせをつくっちゃおう!

というテーマでフューチャーセッションをすることにしました。

→?フューチャーセッションとは(経済産業省)

FACEBOOKイベントページ

瀬戸内市には日本一しあわせを実感する○○があるらしい!?それを見つけるフューチャーセッション

合言葉「ハッピーフューチャー」

企画概要

タイトル

瀬戸内市には日本一しあわせを実感する○○があるらしい!?それを見つけるフューチャーセッション

日時

12月21日水曜日 15時~19時の間
※途中参加・途中退場OK・出入り自由

タイムスケジュール

15:00 趣旨説明
15:10 アイスブレイク
15:40 ストーリーテリング
16:00 フィッシュボール
16:50 休憩
17:00 ワールドカフェ
18:00 ラーニングジャーニー計画
18:40 クロージング
19:00 終了

参加費

無料(お菓子代 300円歓迎)

参加人数

15人

会場

一般財団法人瀬戸内市振興公社

セッションの様子

成果物( HARVEST )

a.未来新聞

エクスマ未来新聞説明

瀬戸内市FS未来新聞1「君100」瀬戸内市FS未来新聞2サイクリング

b.「しあわせ100マップ」

しあわせMAP100セット

しあわせ100件発見

後半、帰っちゃった人が多く2つチームをつくって時間を競おうと思ってましたが1つしかできませんでした。

それでも瀬戸内市に詳しい人が多く「すぐにでも出かけたくなる“しあわせMAP”」が完成しました(^^)

まとめと考察

平日だったためか、集まりは決して良くなかったものの、瀬戸内市を知り尽くし、瀬戸内市を愛している人がたくさん来たので内容はとても充実したものになりました。

この未来新聞で生まれたアイディア「カメラ女子(女性中心のカメラ愛好会)」企画が実際に誕生することになりました。

ほかにも、バルーンフェスティバル復活を望む声も多く、今後なんらかの形で地域活性のテーマに上がってきそうです。

ーーー

蛇足:イワシの動画のリンク

イワシの群れを目指して楽しい会議をしましょう\(^o^)/