アンケート

[button size=”medium” color=”blue” style=”none” new_window=”false” link=”https://docs.google.com/forms/d/1QNirDwiRSsFFzTLtavb1SNzPK7znyPcGHH8lFA84J1Q/viewform?usp=send_form”]プレゼンターに投票する[/button]

※1人1回です

[button size=”medium” color=”blue” style=”none” new_window=”false” link=”https://docs.google.com/forms/d/1a9Q0b1ccd7EgQHEXSLmW2akz1oOoZgXO9YF-yNBF5Lk/viewform?usp=send_form”]個別に感想を書く[/button]

※途中保存可能(上級者向け)

イベント案内・参加登録

[button size=”medium” color=”blue” new_window=”false” link=”http://www.ustream.tv/channel/minaraji”]USTREAM[/button]

[button size=”medium” color=”blue” new_window=”false” link=”https://www.facebook.com/events/680918351994058/”]Facebook[/button]

[button size=”medium” color=”blue” new_window=”false” link=”https://ssl.kokucheese.com/event/entry/207602/”]こくちーず[/button]

インフォメーション

[accordion][acc title=”スケジュール”]

  • 13:00~15:30
    設営準備 岡本G長・面田副G長
  • 15:30~
    受付開始 石田・高橋
  • 16:00~
    開会挨拶 河合部長
    プレゼン大会趣旨説明 松山
  • 16:10~
    前半5組のプレゼン
  • 17:00~
    休憩(10分)
  • 17:10~
    後半5組のプレゼン
  • 18:00~
    学生のみ、あこがレター記入(1枚/名)、他は休憩
  • 18:05~
    集計結果発表 河合部長
    ゲスト総括 江崎英子先生
    閉会挨拶 額田副代表
  • 18:20~
    あこがれタイム
  • 18:30~
    解散・移動、設営片づけ 面田副G長
  • 19:00~
    懇親会

[/acc][acc title=”プレゼン順番”]

  • ウェブクリエイティブ 石橋
    「女性の働き方」
  • GBP 岩永
    「ガッツリ営業」
  • エリアイノベーション 藤井
    「地域活性」
  • ITM 渡邉
    「早島町専門地域密着型工務店」
  • マイクロシステム 面田
    「地域のユニークなソフト企業になる」(休憩)
  • 岡山手延べ素麺 横山
    「手延べ素麺」
  • コ・ブレインズ 松山
    「岡山を首都化する」
  • システム総研 山岡
    「生産管理システムの開発」
  • 鈴木屋 鈴木
    「せんべい一筋」
  • なまずリンク 森原・角山・岡本
    「地域活性化」

[/acc][acc title=”懇親会”]

瀬戸内料理 飛鳥

一般予算:未定

学生:1500~2000円程度の予定

[button size=”medium” color=”blue” style=”none” new_window=”false” link=”http://tabelog.com/okayama/A3301/A330101/33000681/”]たべログ情報[/button]

※急きょ参加したくなった方はお近くのスタッフまでお声掛け下さい

[/acc][acc title=”コンセプト”]

■キャッチコピー

あこがれ社長になろう!あこがれ企業になろう!

■コンセプト

岡山の地域・企業・大学間の交流を今以上に活性化し、学生に、日本は首都だけじゃない、岡山にも素晴らしい企業がある事をしってもらう。

■コンセプトの背景

現在の岡山の学生は岡山の企業に魅力を感じていない。

就活を考えたときに、首都圏の大手の就職先をまず探す人が多く、優秀な人材がどんどん県外に流出している状況である。

逆に日本の産業の70%近くは中小企業という状況であり、人不足の企業も多い。

このギャップはなぜ起こるのか?

原因のひとつとして、大手はメディアを利用して大々的に広告を行えるが、中小企業はPRのためだけに莫大な費用をかけれないため、学生が岡山にどんな企業があるのか?メディアに露出の無い企業を、ほとんど知らないためであると考えらえる。

また、企業名は知っていても、内情はよく知らないため、大きい会社のほうが安心という漠然とした盲信であると考えられる。

青年部では、この問題を解決する手段として、学生を集客し、学生が憧れるような企業PRを行う場を設営する。

学生は参加する事で、岡山にも素晴らしい企業がたくさんある事をリアルに感じてもらい、PRする企業は、学生が憧れるような会社であるとPRする資料を経営者自身が制作するには、成文化の受講等で、自社の事業についてしっかりとしたビジョンや方

向性など、打ち出している必要があり、PRが上手くできなかった企業は、自社について検討する機会を創出するとも考えられ、青年部らしい活動であると考えられる。

また、この活動を通じて、岡山で働きたい!と思ってもらえる学生を一人でも多く増やすことで、地域への社会貢献につなげていきたい。

[/acc][/accordion]