「あこがれ社長になろう!あこがれ企業になろう!」
IMG_0013

コンセプト

岡山の地域・企業・大学間の交流を今以上に活性化
学生さんよ、就活は首都圏だけじゃない!岡山にも優良ユニーク企業があるぞ!

経緯

私が松山が所属する岡山県中小企業家同友会では、新卒採用に苦しんでいました。

大企業、東京の就活に落ちた学生さんしか中小企業に来てくれない。
いわば大企業のおこぼれをもらう地位。
スモールビジネスが世界的イノベーションを起こすこれからの時代、このままの地位で甘んじてよいのか?

でも、そもそもわれわれ経営者もちゃんとしたアピールをしていないんじゃないか?
だったら岡山の若者たちにあこがれられる社長になってやろうじゃないか!
ジョブズのような社長になって、岡山にもそんな社長がいることを示してやろうじゃないか!

そんな同友会青年部のアツい思いがプレゼン大会という形になりました。
2014年8月25日、本番へ。

打ち合わせ時のプレプレゼン打ち合わせのようす

ルール

  • 一人7分~8分間でプレゼンを行う
    9分たったら強制終了
  • 内容は
    「岡山にもこんな面白い会社があるんだよ」的な
    どのような事業を行っているか?
    最先端の研究・技術、思いや情熱、意義深さ
  • 観客は「一番面白い」と思ったプレゼンター一人を一人一票で投票
  • 高校生・大学生は手書きの手紙を手渡し握手する
    → 「あこがレター」と「あこがれタイム」

当日の様子

客層

はじめての試み。いったい何人来てくれるんだろうという心配をよそに、トータル80人もの人にご来場いただきました!

  • 同友会(プレゼンター・スタッフを含む)
    約30人
  • 高校生・学生
    約20人
  • その他社会人
    約30人

一般はおもにFacebookを中心に集客。
大学生は首都化プロジェクトの学生さん、高校生はSGSGと高校生会議のみなさん。
やはり日頃のお付き合いが大事ですよね。

あこがれポーズで撮影会「あこがれポーズ」で全体写真撮影
眠いんじゃありませんよー…

動画と感想

けっこう細かく撮っていただいていますのでご興味ある方だけじっくりご覧ください。

開会挨拶 河合部長
プレゼン大会趣旨説明 松山

ウェブクリエイティブ:石橋
「若者応援企業宣言」

  • 従業員の方の健康やからの充実を考えて農場を運営し、それを福利厚生としていることがとても女性経営者的目線で素晴らしいと思い、参考になりました。ありがとうございました。
  • 職場の雰囲気がとてもオシャレで素敵でした。 なんでもやるって大事だと思います!
  • スライドを使っている為興味がわく。少人数だから生まれる絆、キットカットの儀式、可愛いキャラクターなど、魅力的だった
  • とても聞きやすかった。オフィスの写真はインパクトがあった。社員を大事にしているのが伝わってきた

グローバルビジネスパートナー:岩永
「営業会社ってどんなイメージですか?」

  • やはり、営業という仕事は大変なのだと再認識しました。 同時に、やりがいのある仕事だということもわかり、とても勉強になりました。
  • 営業はまさに天国と地獄の紙一重だと感じた。
  • 仕事への情熱を感じました商品を売ったときの感動エピソードがあるともっとよかったです。
  • 4月から証券会社の営業職に就く姉に言ってあげたい情報でした!

アイ・ティー・エム:渡邉
「早島町専門地域密着型工務店」

  • 素晴らしいお話でした。 プレゼン自体よりも、渡邊さんが起業した理由と、行なっている事業に深く共感しました。 高齢化が進む中で、地域密着の企業というものの必要性は増してくると思います。 これからも、早島町のためにがんばってください、応援しております。
  • けっこう狭い地域限定というのは、新しいと思います! 私の家がお世話になることがないであろうことが残念です。
  • 言いたいことがはっきりしていた。お客さんへの、早島への思いが伝わってきた
  • 多種多様な工務店がある中、早島町という地元に注目し、それの地域密着型企業となることで色んなメリットがあるということに感嘆させられました。 これからの企業は出来るだけ特徴を尖らせろといいますが、地域密着型というのは初めて知りました。勉強になりました。

マイクロシステム:面田
「地域のユニークなソフト企業になる」

  • 高校を卒業して様々な経験をして独立され尊敬します 話す内容に重みがあった。岡ヒルズをもっと環境とかを考慮したソフト重視のプランだともっと惹き付けられたかもしれません。
  • アプリを作るのが難しそうなので「アプリを作れるアプリ」を作ってください!

岡山手延べ素麺:横山
「日本一の商品を売る」

  • 手述べ麺の美味しさをよりリアルに伝えてほしかった
  • かも川そうめんのCM大好きです!べーんべべっべーんのやつですよね!

コ・ブレインズ:松山
「岡山を首都化する(岡山首都化プロジェクト)」

  • 岡山は東北大震災の後に「日本の中で安全な県」ということで上位に入り、注目され、最近では今年の10月に完成するイオン初の都市型ショッピングモールがありますね。 これらのムーブメントは「岡山首都化計画」にとってもとても重要な動きだと思いますので、色々な苦労はあるとは思いますが、がんばってください。
  • 熱く元気にしてくれるプレゼだった
  • 夢があって素敵だと思います。 やはり大人が夢を持たなくては、ですね!

鈴木屋:鈴木
「せんべい一筋」

  • 少し保守的な感じですがそれが長続きの秘訣なんですね!
  • presenterの誠実さが伝わってきた

なまずリンク:森原・角山・岡本
「地域活性化(ナマズでつながる)」

  • 鯰への思いが伝わってきました
  • 鯰美味しそう
  • なまず料理に興味を持ちました! けど、なまずで地域活性化というと、ちょっぴり不安にも感じます(笑)

投票結果発表

総括:(ゲスト)江崎英子さん

プレゼン大会 閉会挨拶:額田信一さん
(岡山県中小企業家同友会副代表理事)

プレゼン大会 終了後
集合写真撮影&あこがれタイム

撮影:ギャオの高橋さん

全体感想(アンケートより)

  • プレゼンターそれぞれのレベルの差がひどく、中には誰に伝えようとしているメッセージなのか?何を伝えたいのか?がわかりにくく、ただ単に企業紹介で終わっているケースもちらほら見られた。 何か一つ中心のメッセージ的なものを作れば、全てのプレゼンに共通の話題が生まれ、面白くなるのではないか?と思う
  • 司会者の台をもう少しスクリーンに寄せて欲しい
  • 皆さん本当に信念を持ってしゃべってらっしゃる感じが出ていて とてもよかったと思います!!
  • 中小企業家同友会の企業同士での連携やサポート体制が出来ればいいと思いました。 また、先日のあこがれ先生プロジェクトでもご協賛をいただいており、次回開催に向けて連携が出来ればと思いますので、改めてお話をさせていただきたいと思います。 宜しくお願い致します。

松山考察

全体について

とりあえず「次もやってほしい!」という声を沢山いただいたので自分的には大満足です。
もちろん上記のように色々課題はありますが、あこがれ社長への道が開けたことが何よりうれしいです!

プレゼン高評価のコツは?

業績とか大きなビジョンとかも大事ですが「共感できるか」が得票には大きかったようですね。
あと、なにより練習を繰り返し行ったか?
これが重要のようですね!
(のちの首都化プレゼンでも優勝したのは300回練習した人でした)

→優勝したけりゃひたすら練習!

「あこがれタイム」

あこがれタイム

このイベントの最大の「ご褒美」はこれでした。

大学生・高校生から手書きの付箋をもらい1分間握手してもらうボーナスタイム。
若い世代から握手しながらエールを贈られる!
経営者にとってこれほどのご褒美がありましょうか、・・・いやないでしょう!

でも、誰に渡すかは任意。
実際に一人も来ないプレゼンターの方もいました・・・
私が一番印象的だったのが、その方も 「もう一回やりたいよね」 「次こそ頑張りますよー」と前向きなご感想をいただいたことです。
さすが経営者。
厳しい市場原理を生き残るには甘っちょろいことは言えません。

あこがれられる社長になろう!

外部リンク